【身体拘束廃止要項】愛心の丘トップへ

1.身体拘束廃止の宣言

 社会福祉法人「福岡愛心の丘」は、介護保険指定基準の身体拘束禁止規定(「サービス提供にあたっては、当該入所者(利用者)又は他の入所者(利用者)等の生命又は身体を保護するため緊急やむを得ない場合を除き、身体的拘束その他入所者(利用者)の行動を制限する行為を行ってはならない」)に則り、また、抑制廃止福岡宣言に範を取り、全事業所において以下のことを宣言します。

~老人に、自由と誇りと安らぎを~

① 縛る、抑制を止めることを決意し、実行する。

② 抑制とは何かを考える。

③ 継続するために、施設内を公開する。

④ 抑制を限りなくゼロに近づける。

⑤ 抑制廃止運動を、全国に広げていく。

2.身体拘束廃止の目的

 身体拘束は、利用者に身体的・精神的苦痛を与えるのみならず、利用者の家族にも多大な精神的苦痛を与えます。

 また、介護スタッフ自身の士気の低下を招くばかりか、介護保健施設等に対する社会的不信、偏見を引き起こすおそれがあります。 「福岡愛心の丘」は、上記のような身体拘束に伴う多くの弊害を除去し、利用者に安全で快適なサービスを提供することを目的とし、身体拘束を廃止するものとします。

3.身体拘束廃止体制

(1) 身体拘束廃止責任者

 身体拘束廃止の責任主体を明確にするため、栗林 仁信 施設長を身体拘束廃止責任者とします。

(2) 身体拘束廃止委員会の設置

 ○ 身体拘束廃止を施設全体で取り組むため、身体拘束廃止委員会を設置します。

    委員長:内海 隆弘(作業療法士)

 ○ 身体拘束廃止委員会は、以下の職務を行います。

    ア、身体拘束廃止へ向けての職員への指導・啓蒙活動

    イ、身体拘束を誘発する原因の究明・除去

    ウ、事故の起きない環境整備の促進

    エ、身体拘束に至らないための「五つの基本的ケア」

    〔①起きる、②食べる、③排せつする、④清潔にする、⑤活動する(アクティビティ)〕の徹底

    オ、「緊急やむを得ない場合の対応」の記録・管理

社会福祉法人愛心の丘
〒812-0858 福岡市博多区月隈6丁目16-11
TEL 092-503-9000(代)
FAX 092-503-8988