【個人情報に関する基本方針】

社会福祉法人 福岡愛心の丘(以下、「法人」という)は、利用者等の個人情報を適切に取り扱うことは、介護サービスに携わるものの重大な責務と考えます。 法人が保有する利用者等の個人情報に関し適正かつ適切な取扱いに努力するとともに、広く社会からの信頼を得るために、自主的なルール及び体制を確立し、個人情報に関する法令その他関係法令及び厚生労働省のガイドラインを遵守し、個人情報の保護を図ることをここに宣言します。



1.個人情報の適切な取得、管理、利用、開示、委託

① 個人情報の取得にあたり、利用目的を明示した上で、必要な範囲の情報を取得し、利用目的を通知または公表し、その範囲内で利用します。
② 個人情報の取得・利用・第三者提供にあたり、本人の同意を得ることとします。
③ 法人が委託をする医療・介護関係事業者は、業務の委託に当たり、個人情報保護法と厚生労働省ガイドラインの趣旨を理解し、それに沿った対応を行う事業者を選定し、かつ個人情報に係る契約を締結した上で情報提供し、委託先への適切な監督をします。
2.個人情報の安全性確保の措置

① 法人は、個人情報保護の取り組みを全役職員等に周知徹底させるために、個人情報に関する規則類を整備し、必要な教育を継続的に行います。
② 個人情報への不正アクセス、個人情報の漏洩、滅失、またはき損の予防及び是正のため、法人内において規則類を整備し、安全対策に努めます。

3.個人情報の開示・訂正・更新・利用停止・削除、第三者提供の停止等への対応

法人は、本人が自己の個人情報について、開示・訂正・更新・利用停止・削除、第三者提供の停止等の申し出がある場合には、速やかに対応します。これらを希望される場合には、個人情報相談窓口(電話092-503-9000 担当:江川)までお問い合わせください。

4.苦情の対応

法人は、個人情報取扱いに関する苦情に対し、適切かつ迅速な対応に努めます。

【個人情報の利用目的】

社会福祉法人 福岡愛心の丘では、個人情報保護法及び利用者の権利と尊厳を守り安全管理に配慮する「個人情報に関する基本方針」の下、ここに利用者の個人情報の「利用目的」を公表します。

【利用者への介護サービスの提供に必要な利用目的】

1.施設内部での利用目的

① 施設が利用者に提供する介護サービス
② 介護保険事務
③ 介護サービスの利用にかかる施設運営業務のうち次のもの
・ 入退所等の管理
・ 会計、経理
・ 介護事故、緊急時等の報告
・ 当該利用者の介護・医療サービスの向上

2.他の介護事業者等への情報提供を伴う利用目的

① 施設が利用者等に提供する介護サービスのうち
・ 利用者に居宅サービスを提供する他の居宅サービス事業者や居宅介護支援事業所との連携(サービス担当者会議等)、照会への回答
・ その他の業務委託
・ 利用者の診療に当たり、外部の医師の意見・助言を求める場合
・ 家族等への心身の状況説明

② 介護保険事務のうち
・ 保険事務の委託(一部委託を含む)
・ 審査支払い機関へのレセプトの提出
・ 審査支払い機関又は保険者からの照会への回答

③ 損害賠償保険などに係る保険会社等への相談又は届出等

【上記以外の利用目的】

1.施設内部での利用に係る利用目的

① 施設管理業務のうち次のもの

・ 介護サービスや業務の維持・改善の基礎資料
・ 施設等において行われる学生等の実習への協力
・ 施設において行われる事例研究等

3.他の事業者等への情報提供に係る利用目的

① 施設管理業務のうち
・ 外部監査機関、評価機関への情報提供

なお、あらかじめ利用者本人の同意を得ないで、利用目的の必要な範囲を超えて個人情報を取り扱うことはいたしません。



【特別養護老人ホーム 月隈愛心の丘 看取りに関する指針】

〔 特別養護老人ホームにおける看取り介護実施の定義 〕

看取り介護は特別養護老人ホーム利用者が医師の診断のもと、回復不能な状態に陥った時に、最期の場所及び治療等について本人の意思、ならびに家族の意向を最大限に尊重して行わなければならない。特別養護老人ホームにおいて看取り介護を希望される利用者、家族の支援を最後の時点まで継続することが基本であり、それを完遂する責任が施設及び、その職員にはある。
又、看取り介護実施中にやむを得ず病院や在宅等に搬送する利用者においても、搬送先の病院等への引継ぎ、継続的な利用者、家族への支援を行わなければならない。

① 看取り介護実施特別養護老人ホームは以下の条件を満たしているとともに、施設における看取り介護に関する理念、及び理念に基づく質の高いサービスが行われなければならない。

② 特別養護老人ホーム利用者は人道的且つ安らかな終末を迎える権利を保持しているので、看取り介護実施特別養護老人ホームは可能な限り尊厳と安楽を保ち、安らかな死が迎えられるよう全人的ケアを提供するために以下の体制を整備する。

③ 看取り介護実施特別養護老人ホームは医師及び医療機関との連携を図り、医師の指示により管理者を中心に多職種協働体制のもとで利用者及び家族の尊厳を支える看取りに努めるものである。

1 看取り体制

(1)自己決定と尊厳を守る看取り介護

① 特別養護老人ホームにおける看取り介護の基本理念を明確にし、本人または家族に対し生前意思(リビングウィル)の確認を行うこと。

② 特別養護老人ホームの看取り介護においては、医師による診断(医学的に回復の見込みがないと判断したとき)がなされたときが、看取り介護の開始となる。

③ 看取り介護実施にあたり、本人または家族に対し、医師または協力病院から十分な説明が行われ、本人または家族の同意を得ること。(インフォームドコンセント)

④ 看取り介護においてはそのケアに携わる施設長、生活相談員、介護支援専門員、看護師、栄養士、介護職員等従事する者が協働し、看取り介護に関する計画書を作成し、原則として週1回以上、本人家族への説明を行い、同意を得て看取り介護を適切に行うこと。
尚、必要に応じて適宜、計画内容を見直し、変更する。

(2)医師・看護師体制

① 看取り介護実施にあたり協力病院医師又は、嘱託医師等との情報共有による看取り介護の協力体制を築いていること。

② 護師は医師の指示を受け看護責任者のもとで利用者の疼痛緩和等安らかな状態を保つように状態把握に努め、利用者の状況を受け止めるようにする。又日々の状況等について随時、家族に対して説明を行い、その不安に対して適宜対応していく。

③ 医師による看取り介護の開始指示を受けて、カンファレンスに基づき多職種による看取り介護計画書を作成し実施するものとする。

(3)看取り介護の施設整備

① 尊厳ある安らかな最期を迎えるために個室または静養室の環境整備に努め、その人らしい人生を全うするための施設整備の確保を図ること。

② 設での看取り介護に関して、家族の協力体制(家族の面会、付き添い等)のもとに個室又は静養室の提供を積極的に行う。

(4)看取り介護の実施とその内容

① 看取り介護に携わる者の体制及びその記録等の整備

1) 看取り介護同意書
2) 医師の指示
3) 看取り介護計画書作成(変更、追加)
4) 経過観察記録
5) ケアカンファレンスの記録
6) 臨終時の記録
7) 看取り介護終了後のカンファレンス会議録

② 看取り介護実施における職種ごとの役割

(施設長)
1) 看取り介護の総括管理
2) 看取り介護に生じる諸課題の総括責任

(医 師)
1) 看取り介護期の診断
2) 家族への説明(インフォームドコンセント)
3) 緊急時、夜間帯の対応と指示
4) 各協力病院との連絡、調整
5) 定期的カンファレンス開催への参加
6) 死亡確認、死亡診断書等関係記録の記載

(生活相談員、介護支援専門員)
1) 継続的な家族支援(連絡、説明、相談、調整)
2) 看取り介護にあたり多職種協働のチームケアの連携強化
3) 定期的カンファレンス開催への参加
4) 緊急時、夜間帯の緊急マニュアルの作成と周知徹底
5) 死後のケアとしての家族支援と身辺整理

(看護職員)
1) 医師または協力病院との連携強化を図る
2) 看取り介護にあたり多職種協働のチームケアの確立
3) 看取り介護に携わる全職員への死生観教育と職員からの相談機能
4) 看取り介護期における状態観察の結果に応じて必要な処置への準備と対応を行う
5) 疼痛緩和
6) 急変時対応マニュアル(オンコール体制)
7) 随時の家族への説明と、その不安への対応
8) 定期的カンファレンス開催への参加

(管理栄養士)
1) 利用者の状態と嗜好に応じた食事の提供
2) 食事、水分摂取量の把握
3) 定期的カンファレンス開催への参加
4) 必要に応じて家族への食事提供

(介護職員)
1) きめ細かな食事、排泄、清潔保持の提供
2) 身体的、精神的緩和ケアと安楽な体位の工夫
3) コミュニケーションを十分にとる
4) 看取り介護の状態観察、食事・水分摂取量の把握、浮腫、尿量、排便量等のチェックときめ細かな経過記録の記載
5) 定期的カンファレンス開催への参加
6) 生死の確認のため細かな訪室を行う

③ 看取り時の介護体制

1) 緊急時特別勤務体制
2) 緊急時家族連絡体制
3) 自宅又は病院搬送時の施設外サービス体制

④ 看取り介護の実施内容

1)栄養と水分
看取り介護にあたっては多職種と協力し、利用者の食事・水分摂取量、浮腫、尿量、排便量等の確認を行うと共に、利用者の身体状況に応じた食事の提供や好みの食事等の提供に努める。

2)清 潔
利用者の身体状況に応じ可能な限り入浴や清拭を行い、清潔保持と感染症予防対策に努める。その他、本人、家族の希望に添うように努める。

3)苦痛の緩和

(身体面)
利用者の身体状況に応じた安楽な体位の工夫と援助及び疼痛緩和等の処置を適切に行う。

(医師の指示による緩和ケア又は、日常的ケアによる緩和ケアの実施)

(精神面)
身体機能が衰弱し、精神的苦痛を伴う場合、手を握る、体をマッサージする、寄り添う等のスキンシップや励まし、安心される声かけによるコミュニケーションの対応に努める。

4)家 族
変化していく身体状況や介護内容については、定期的に医師からの説明を行い、家族の意向に沿った適切な対応を行う。 継続的に家族の精神的援助(現状説明、相談、こまめな連絡等)あるいは本人、家族から求められた場合における宗教的な関わりと援助を行い、カンファレンスごとに適時の状態説明を通し、家族の意向を確認する。

5)死亡時の援助
医師による死亡確認後、エンゼルケアを施行し、家族と看取り介護に携わった全職員でお別れをすることが望ましい。
死後の援助として必要に応じて家族支援(葬儀の連絡、調整、遺留金品引渡し、荷物の整理、相談対応等)を行うことが望ましい。

(5)看取りに関する職員教育

特別養護老人ホームにおける看取り介護の目的を明確にし、死生観教育と理解の確立を図るものとする。

1) 取り介護の理念と理解
2) 死生観教育 死へのアプローチ
3) 看取り期に起こりうる機能的・精神的変化への対応
4) 夜間・急変時の対応
5) 看取り介護実施にあたりチームケアの充実
6) 家族への援助法
7) 看取り介護についての検討会

2 医療機関や在宅への搬送の場合

(1) 医療機関への連絡

医療機関にこれまでの経過説明を充分に行い、家族の同意を得て、経過観察記録等の必要書類を提示する。

(2)本人、家族への支援

継続的に本人や家族の状況を把握すると共に、訪問、電話等での連絡を行い、介護面、精神面での援助を確実に行う。
死後の援助として必要に応じて家族支援(葬儀の連絡、調整、遺留金品引渡し、荷物の整理、相談対応等)を行うことが望ましい。



【身体拘束廃止要項】

1.身体拘束廃止の宣言

 社会福祉法人「福岡愛心の丘」は、介護保険指定基準の身体拘束禁止規定(「サービス提供にあたっては、当該入所者(利用者)又は他の入所者(利用者)等の生命又は身体を保護するため緊急やむを得ない場合を除き、身体的拘束その他入所者(利用者)の行動を制限する行為を行ってはならない」)に則り、また、抑制廃止福岡宣言に範を取り、全事業所において以下のことを宣言します。

~老人に、自由と誇りと安らぎを~
① 縛る、抑制を止めることを決意し、実行する。
② 抑制とは何かを考える。
③ 継続するために、施設内を公開する。
④ 抑制を限りなくゼロに近づける。
⑤ 抑制廃止運動を、全国に広げていく。

2.身体拘束廃止の目的

 身体拘束は、利用者に身体的・精神的苦痛を与えるのみならず、利用者の家族にも多大な精神的苦痛を与えます。
 また、介護スタッフ自身の士気の低下を招くばかりか、介護保健施設等に対する社会的不信、偏見を引き起こすおそれがあります。 「福岡愛心の丘」は、上記のような身体拘束に伴う多くの弊害を除去し、利用者に安全で快適なサービスを提供することを目的とし、身体拘束を廃止するものとします。

3.身体拘束廃止体制

(1) 身体拘束廃止責任者
 身体拘束廃止の責任主体を明確にするため、丸山 貴裕  施設長 を身体拘束廃止責任者とします。

(2) 身体拘束廃止委員会の設置
 ○ 身体拘束廃止を施設全体で取り組むため、身体拘束廃止委員会を設置します。
    委員長:内海 隆弘(作業療法士)
 ○ 身体拘束廃止委員会は、以下の職務を行います。
    ア、身体拘束廃止へ向けての職員への指導・啓蒙活動
    イ、身体拘束を誘発する原因の究明・除去
    ウ、事故の起きない環境整備の促進
    エ、身体拘束に至らないための「五つの基本的ケア」
    〔①起きる、②食べる、③排せつする、④清潔にする、⑤活動する(アクティビティ)〕の徹底
    オ、「緊急やむを得ない場合の対応」の記録・管理

社会福祉法人愛心の丘
〒812-0858 福岡市博多区月隈6丁目16-11
TEL 092-503-9000(代)
FAX 092-503-8988